Transfer Data

ソフトとタグ打ち?どっちの作り方が良いの?

オーサリングソフトを活用

自分の経験、作った物など、ウェブ上では多くの人が多くの物事を公開しています。手軽なブログ等では物足りない、と言う場合はホームページを作ってみましょう。初心者の場合は、WEBオーサリングソフトと言うのがあります、これはサイトを作成する知識が無くとも簡単に作成できるソフトで、例えば、上部に見出しがあり、右側にコンテツ、左側にメニュー、と言うページを作りたいなら、それらをドラッグするだけで完成です。オーサリングソフトには市販品は勿論、高性能フリーもあるので、探してみましょう!

がっちり手打ちで作成!

オーサリングソフトを利用してのサイト作りも良いけど、やっぱり自分で最初から作り上げたい、というような方には、タグの手打ちがお勧めです。ホームページと言うのは、HTMLタグと言うもの利用して、ページのデザイン、サイズ、画像の配置等を指定します。タグの勉強から始まるので少し手間と時間はかかるかもしれませんが、今では多くのHTMLタグ紹介ページが存在していますし、それらをコピー&ペーストして作成するのも可能です。

両方のメリットとデメリット

ソフトを使って作成すると、見栄えもよく、洗練されたデザインのページを作ることが可能です。ですが、ソースを開いてみると、HTMLタグに余計な挙動が入っていたり、無くても問題が無いタグが差し込まれている場合もあります。これは、ページの表示時間に関わる場合もあります。一方のタグを手打ちする場合、理解して自分で打っているので、余計なタグを差し込む事はなく、非常にスマートな物になります。しかし、それを覚えるまでの時間や、僅かなミスでサイトが表示されなくなる場合もあるので、気を配る必要があります。ソフトとタグ打ち、どちらにもメリットとデメリットが存在するので、自分に合う方法、あるいは両方を使えるのが良いですね。

ホームページ制作をスペシャリストに任せるメリットは、時間節約にあります。これまで、制作にあてていた時間を、もっと収益獲得に貢献する業務に割り当てることができるというのが理由です。