Transfer Data

風評被害を大きくしない、拡散させない方法ってある?

風評被害をいずこから?

風評被害はどこから来るのでしょう?風評被害の多くはメディアと言われる新聞や雑誌、テレビなどの報道が一般的です。その他にも最近の傾向では、SNSなどのネットからの情報発信も多く見受けられます。前者と後者のおおきな違いは、情報の正確性が大きく左右して聞きます。メディアと呼ばれる分野からの風評被害は、大きくなる可能性があり長期化する可能性があります。SNSなどのネットは、拡散するのは早いですが、終息するのも早いのが特長です。

どうすれば少しでも防げるの?

風評被害を少しでも防ぐには、慎重な対策が必要です。例えば企業の場合、企業側の情報発信は一つにまとめたり会社全体で情報を共有することを行ったりして対策を行います。まずは自分たちから拡散を防ぐのです。地域などの範囲が広い場合は、メディアなどの情報伝達の速さを利用して行うのも有効対策の一つです。ただし、行う時には正しい情報を正確に流さないと余計に風評被害が拡散してしまう可能性があるので十分な注意が必要です。

時間が解決することもある?

風評被害は、もともとなかったことがあったことのように起きてしまうことなので、変にあわてて行動するよりは、我慢強く落ち着くのを待つことも対策の一つと思います。企業であれば、会社内から間違った内容の情報が出ないように外部とのやり取りを遮断してしまうのも方法の一つです。間違った内容であれば、自然とただしい方向に向いていくのが社会です。あわてず騒がず我慢をしていれば自然と通常に戻っていきます。逆にあわてたら負けが風評被害です。

風評被害対策とはネット上で根拠のない噂や嘘が書き込まれた際に、記事の削除を依頼したりして被害が拡大するのを防ぐことをいいます。